FC2ブログ


株式会社 t-stage

何が大事か、、、

2019.08.26 14:26|


三日間の仕事無事に終了。

大変な役が来るかと身構えてましたが、思いの外待ち時間の方が多く、お陰で国盗り物語📖を読了しちゃいました。

最後の終わりかたどうなるかなと思ってましたが、想像以上に光秀が残念な終わりなのに何とも言えない思いになりました。

本能寺の変は誰もが知る話。

でもそこに至るまでを斎藤道三の時代から読み解くことで、とっても複雑なものに感じたのが今回の本の良いところ。

主人を殺す迄は耐え抜いてる明智光秀に物凄く同情してるのに、本能寺の変でそれが自分の中でもひっくり返っていくのに愕然としつつ、信長の虐殺が時代のためとはいえ肯定も出来ず。。。

革命家にはなれないが、情にあつく礼儀正しい明智光秀に共感を覚えつつ、でも足利時代からの腐敗を物凄い剛腕で世の中を変えた織田信長は歴史的には必要だったようにも思うし。

さて自分はどう生きるべきか?

いろんな事が目まぐるしく変わっていく現代で何を核に自分は生き抜くべきかとっても考えさせられる小説でした。

まずはまたボクハレの稽古をコツコツと。

本人は辛かっただろうけど、耐えながらコツコツやってる光秀はカッコ良かった。

だとすると成功ってなんだろう。

お疲れ様でした。

共感

2019.08.20 16:50|


読み進めてきた国盗り物語も終盤。

最後の4巻は明智光秀が主人公。

光秀から見た織田信長の人物像も4巻では見処。

明智光秀の真面目で誠実に自分の志を全うしようとする姿や、真面目過ぎるゆえにどこか慎重になってしまうところとかにとても共感してしまう。

でも物語に、太閤記で読んだ豊臣秀吉がスッと割り込んできて、いい働きをして行くのはそれはそれで時流に乗るのはこういった人なんだろうなと思ったり。

まだあまり詳しく知らない徳川家康の若い頃に成る程と思ったり。

国盗り物語共感ポイントが沢山あって本当に面白い。

二日間のステージを終えて今日は演技の勉強へ。

脳ミソの切り替えに朝から苦労してますが、まぁそれはそれで自分だからカッコつけず体当たりで行くしかない💪

織田信長ってやっぱりカッコいい、その点明智光秀は地味なのかもしれない。

でも、こういう人もいたんだなってところにとっても勇気を貰う今日この頃。

耳を鍛える!?

2019.07.10 21:51|


只今読み中の国盗り物語📕も第三巻に突入。

隙間時間にちょこちょこ読んでるので進みは遅いけど本の面白さに毎回引き込まれてます。

斎藤道三、知らなかったー💦

司馬遼太郎さんがイメージする斎藤道三とはいえ、こんな凄い人だったとは。

第三巻からは織田信長編。

織田信長って名前は良く聞くから知った気になってるだけで実は良くわかってない。

尾張の人、、、って名古屋じゃん!この間見に行った名古屋城じゃん!!みたいなレベル💧

でも名古屋城見たばかりだから勝手に親近感持って読み進めてます(笑)

さて、小説の描写にも良く出てくるのが各キャラクターの声について。

声の描写がでるたびに自分なりに声のイメージ膨らましてます。

最近は、アニメや吹き替えの声に物凄く集中して聞くようになりました。

歌も暇さえあれば好きな歌手の歌を聞いて分析してきた。

今はそれを台詞の声に応用してみてます。

耳を鍛える。

聞いてそれを頭の中で"立体化"できるようになれば再現できる。

歌がそうだった。

ネバーギブアップ。

明日も前を向いて一歩でも前に進もう❗

1日閉じこもって

2019.02.10 20:24|


何気なく気になって手に取ったこの本

角田光代さんの『拳の先』📖

半分位まで読み進めていたのを、昨日で一気に読みきりました。

そう昨日はこの冬一番の寒波☃️

幸い積雪は大したことなかったけど、寒い1日だったのでそれならと部屋でぬくぬくしながら1日読みふけりました。

これはこれで幸せな1日。

小説も角田光代さんの本は初めてでしたが、ボクシングが題材でそこに関わる人たちの心の機微に凄く共感できて、クライマックスは泣けるほどの感動が。

ボクサーが試合に向けて自分と戦いながらトレーニングしてる姿が、なんか役者の普段の生活と被る気がして、なんだか凄く勇気貰えるお話でした。

ただこの小説、この話の前に『空の拳』って言うのがあって、それの続編だったみたい(苦笑)

順番通り読みたかったなぁと思いつつ、空の拳よんでから、拳の先もう一回読み直すってのもいいかなと。

笑う男の稽古まで後ちょっと、そちらの準備も進めつつ、本も読みつつ、映画も観つつ、役者道を一歩一歩歩もうと思う今日この頃です。

声が聞こえる

2019.02.04 16:58|


堺雅人さんのエッセイ📖

『文』

撮影の待ち時間にちょいちょい読み進めてました。

このエッセイ堺雅人さんの声が聞こえてくる、そんな不思議なエッセイ。

いや、エッセイってそんなものか(苦笑)

でも、普段映画やテレビでみてる堺雅人さんのプライベートをドキュメンタリーでみてるようなそんな文章に、とっても楽しませて貰いました。

演技も凄いのに文章も凄いのかぁ、、、。

続編早速今日購入して読もおっと🏃

読みたい本はどんどん増えるのに読書が追い付かない💦

速読できる人ってどうやってるんだろ?

でも買いたい本は絶対買っちゃうけどね。
| 2019.09 |
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

上野哲也

Author:上野哲也
プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ページtopへ