FC2ブログ


株式会社 t-stage

アフリカ

2020.07.08 09:04|


沈まぬ太陽アフリカ編下巻突入。

ブログに書くほどのことではないけど(話題がね💧)

今日も新たな現場💨。

昨日は日帰りで遠くの高原まで🚏🚌

自分の出番は数分、移動は6時間(苦笑)

いく先々初めての方々で、自分のことなんて知ってもらえてないから現場で信頼を勝ち取るのはある意味根性になる。

沈まぬ太陽アフリカ編は、主人公が組合活動で会社とぶつかったことで左遷され続け、アフリカやアラブ地方で必死に戦う姿がメインの物語。

正直者は損をすると言うけど、主人公の恩地の誠実さは端からみると何もそこまでと思うけど、結果どんなところでも人柄に周りが信頼していくのがなんとも気持ちがいい。

過酷な人生、のようにみえるがある意味幸せも常に掴みとっているようにも見える。

どんなことがあっても腐らず丁寧に。

刻々と過ぎていく時間を精一杯生きるのが結局幸せなことなのかも。

結果ではなく過程に大事なものがあるのかな。

さぁ、緊張感もってチャレンジ💪

地に足をつける

2019.12.13 00:07|


別にタイトルも内容も何にも知らずにふっと手にとって読んだ横道世之介📖

凄く素敵な小説だった。

感動したんだけど、何となく素敵だったと言いたくなるそんな本。

今日は芝居の勉強へ。

何か理解したと思ったとたんに、何もわかってない事にまた気付く。

脳ミソは直ぐにわかったつもりになりたがる。

芝居ってなんなんだ💨

とは言え、出来ることを探してまたもがくだけ。

地に足をつける。

浮かれず落ち込まず、淡々とやるべきことを繰り返す。

結果は期待しないで、希望は持つ。

何故か地に足をつけて生きようと思った今日でした。

何が大事か、、、

2019.08.26 14:26|


三日間の仕事無事に終了。

大変な役が来るかと身構えてましたが、思いの外待ち時間の方が多く、お陰で国盗り物語📖を読了しちゃいました。

最後の終わりかたどうなるかなと思ってましたが、想像以上に光秀が残念な終わりなのに何とも言えない思いになりました。

本能寺の変は誰もが知る話。

でもそこに至るまでを斎藤道三の時代から読み解くことで、とっても複雑なものに感じたのが今回の本の良いところ。

主人を殺す迄は耐え抜いてる明智光秀に物凄く同情してるのに、本能寺の変でそれが自分の中でもひっくり返っていくのに愕然としつつ、信長の虐殺が時代のためとはいえ肯定も出来ず。。。

革命家にはなれないが、情にあつく礼儀正しい明智光秀に共感を覚えつつ、でも足利時代からの腐敗を物凄い剛腕で世の中を変えた織田信長は歴史的には必要だったようにも思うし。

さて自分はどう生きるべきか?

いろんな事が目まぐるしく変わっていく現代で何を核に自分は生き抜くべきかとっても考えさせられる小説でした。

まずはまたボクハレの稽古をコツコツと。

本人は辛かっただろうけど、耐えながらコツコツやってる光秀はカッコ良かった。

だとすると成功ってなんだろう。

お疲れ様でした。

共感

2019.08.20 16:50|


読み進めてきた国盗り物語も終盤。

最後の4巻は明智光秀が主人公。

光秀から見た織田信長の人物像も4巻では見処。

明智光秀の真面目で誠実に自分の志を全うしようとする姿や、真面目過ぎるゆえにどこか慎重になってしまうところとかにとても共感してしまう。

でも物語に、太閤記で読んだ豊臣秀吉がスッと割り込んできて、いい働きをして行くのはそれはそれで時流に乗るのはこういった人なんだろうなと思ったり。

まだあまり詳しく知らない徳川家康の若い頃に成る程と思ったり。

国盗り物語共感ポイントが沢山あって本当に面白い。

二日間のステージを終えて今日は演技の勉強へ。

脳ミソの切り替えに朝から苦労してますが、まぁそれはそれで自分だからカッコつけず体当たりで行くしかない💪

織田信長ってやっぱりカッコいい、その点明智光秀は地味なのかもしれない。

でも、こういう人もいたんだなってところにとっても勇気を貰う今日この頃。

耳を鍛える!?

2019.07.10 21:51|


只今読み中の国盗り物語📕も第三巻に突入。

隙間時間にちょこちょこ読んでるので進みは遅いけど本の面白さに毎回引き込まれてます。

斎藤道三、知らなかったー💦

司馬遼太郎さんがイメージする斎藤道三とはいえ、こんな凄い人だったとは。

第三巻からは織田信長編。

織田信長って名前は良く聞くから知った気になってるだけで実は良くわかってない。

尾張の人、、、って名古屋じゃん!この間見に行った名古屋城じゃん!!みたいなレベル💧

でも名古屋城見たばかりだから勝手に親近感持って読み進めてます(笑)

さて、小説の描写にも良く出てくるのが各キャラクターの声について。

声の描写がでるたびに自分なりに声のイメージ膨らましてます。

最近は、アニメや吹き替えの声に物凄く集中して聞くようになりました。

歌も暇さえあれば好きな歌手の歌を聞いて分析してきた。

今はそれを台詞の声に応用してみてます。

耳を鍛える。

聞いてそれを頭の中で"立体化"できるようになれば再現できる。

歌がそうだった。

ネバーギブアップ。

明日も前を向いて一歩でも前に進もう❗

| 2020.07 |
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

上野哲也

Author:上野哲也
プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ページtopへ