株式会社 t-stage

営業って

2014.07.09 13:10|芸能

この間の5週間いた稽古場での打ち上げの様子

演出のダレンと振り付けのベンからのピザとビールのプレゼント。

幸せな一時でした

さて稽古ない時の会社の仕事それは。

営業です。

自分で出向いて舞台の魅力を語り興味を持っていただく。

少しでも多くの方に舞台に興味を持っていただきたく空いてる時間はずっと続けています。

わらび座では空いてる期間俳優が営業するのは当たり前でした。

ただ自分は10年いて毎回出演機会に恵まれなかなか自分で営業活動をする事はありませんでした。

ただ先輩から俳優が営業活動をすることの苦労や価値を聞いてはいたのでいつかは自分もとは思ってはいました。

でも独立後は当然一人なので必然的にやらざるおえません

でやってみて。

簡単にはいかないなぁ…ってのが率直な感想です

でもそこでお会いする人の温かい言葉に本当に励まされます。

なのでお客様から一枚でもお申し込みあると涙がちょちょぎれます

だからこそ自分は舞台で輝かなきゃと。

また営業に当たって色んな人が力になってくれていることも心の糧になってます

また真面目なこといってるなぁって気がしますが、それが自分。

昨日の活動の最後は農園の会長さんが運営するヘリポートでした。

いつものごとく野菜やお米をたくさんいただいて、優しい言葉をかけていただいて、人格が優れてる人のそばにいると幸せな気持ちになるんだなと思いました。

今回は初めて会長さんが舞台観に来てくれます!

頑張らねば。

さてこの間のブログに、多数の読者の方々よりメールやコメント頂きました。

クリスの心情を表現できないことに質問があったので少し書いてみます。

一つは、クリス自身がベトナムに帰ってきたのが特にはっきりした意思や目的を持ってきたわけではないことがあると思います。

ベトナム戦争での経験、帰国したときの様子、そういった出来事が彼をある虚無感に襲わせたから、物語ではカラッポからのスタート。

なので、ある意味演じていても行き当たりばったりです。(演技がぶれるとかではなく)

クリスに挑むとき決め付けることが一番の大敵だと思ってます。

稽古でもあり方について色んな方向から言われるので本当にどんな人なんだろうとわからなくなります。

キーワードは「普通の人」

ってそれが一番わからーーん。

だから毎回虚無感もった普通の人がドリームランドに行ったらどうなるか、そこでキムとであって何を感じるか、やってみないとわからないようにしてます。

通しのあと感じるのは、キムを本当に助けたかったんだなと、その後のエレンとの日々も彼にとって大事だったんだなと、だからこそやるせ、、、

それもやってみないとわからない。

そういった風にしてます。

すべてのことに感謝して。

今日も頑張ります。

長くなってしまった

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

上野哲也

Author:上野哲也
俳優 
上野哲也

趣味 
古着屋巡り 
   熱帯魚

好きな物 

ヴィンテージ品 

好きな食べ物 
コーヒー 
麺類全般 
辛いもの 

好きな映画 
ショーシャンクの空に
ニューシネマパラダイス
シンドラーのリスト

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

リンク

ページtopへ