株式会社 t-stage

寓話!?

2015.11.14 16:05|芸能


今日から稽古始まりました。

今日は歌稽古。

歌は事前に稽古するのですが、基本楽譜が読めないたちなので、だいたい初めてのときは練習した内容が微妙に間違ってることが多々あります。

ここら辺が音楽の素養がない人間の辛いところ。

以前"おととり"ってなんですか?って質問来たのでついでに説明すると、おととりとは与えられた音符の音を歌えるようにすることです。

楽譜が読めない人間は、楽譜を渡されても全く音のイメージがわかないので、ピアノで一個一個ピコピコ叩いて覚えていきます。(この作業ほど苦痛なものはこの世にない)

これを"おととり"といいます。

でもこれが伴奏と合わせてみるとまた音がとれなくなったりするんです(苦笑)

ということで今日は別パートを覚えてしまったので、その場で本来歌うべきパートの"おととり"をし直して、初めて伴奏にあわせてみました。

うーむ、なんと難解な伴奏。。。。

そして、おととりしても歌えるようになるまで時間かかる人間は、、、、

残念ながら今日の稽古は

ちーん、、、、でした。

悔しかったらまた練習するっきゃない。

明日からまた別の曲も当たっていきます。

ソンドハイム今までやったことないくらい難しい。。。。

逃げたらいかんよ上野哲也。

さて、ミュージカル「口笛は誰でも吹ける」は寓話ミュージカルです。

寓話!?

「寓話(ぐうわ)とは、比喩によって人間の生活に馴染みの深いできごとを見せ、それによって諭すことを意図した物語。 」 Wikipediaより

と言うことで(あんた本当にわかってるのかい!)


物語は最初どういう事を言ってるかがわかりずらいです。

実際恥ずかしい話自分も少しの楽譜と台本だけをみても本質が掴めてません。。。

これから一つ一つのパーツを稽古しながら自分で掴んでいくしかない。

なのでブログで稽古の中で気づいたことを綴りながら、ブログから見に来る方が少しでも話に入りやすくなったら良いなと考えてます(本当にうまくいくんかい)

さぁ、明日に向けて残り時間特訓だぁ。



最後に、

パリで大規模なテロがおきました。

とても他人事とは思えないこのニュースを見たときは胸が苦しくなりました。

、、、、難しい問題。


Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

| 2017.06 |
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

上野哲也

Author:上野哲也
俳優 
上野哲也

趣味 
古着屋巡り 
   熱帯魚

好きな物 

ヴィンテージ品 

好きな食べ物 
コーヒー 
麺類全般 
辛いもの 

好きな映画 
ショーシャンクの空に
ニューシネマパラダイス
シンドラーのリスト

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

リンク

ページtopへ