株式会社 t-stage

続、修行論

2016.05.21 12:32|お知らせ

ここ数日の早朝の日課は、コーヒーと相撲ダイジェストを見ること。

昨日の白鵬と稀勢の里の対戦は、白鵬の勝利でした。

稀勢の里の勝利に期待した人も多かったと思いますが、誰が見ても明らかに白鵬の力が優っていました。

白鵬のドキュメンタリーを見たときに、誰よりも相撲の基礎練習をやっていた事がとても印象的でした。

今主流の筋トレや体幹トレではなく、四股やてっぽう(柱にむかっての張り手の練習)摺り足等の練習をひたすらやる。

一見すると動作が単純なぶん簡単そうに見えるけど、他の力士とやってることの質が全然違うのは素人目にもはっきりわかりました。

今回の勝負も圧倒的に基礎力量が優ってたからやはり白鵬が勝ったんだと思います。

野球選手にとっての素振りも同じ。

イチローみたいな選手は、何万回とやってきて素振りも、一回一回試行錯誤して未知の領域を開いていったんだと思います。



修行論が自分にとって大事な指針になるのは、修行の本質を哲学者であり武道家の内田樹さんが(最初は難しい言葉で書いてあるように感じますが)経験をふまえ本来表現しずらい内容を哲学的にとてもわかりやすく書いてくれているから。

修行する心構えに結果を求めないということは、物事を自分の尺度で測らないため。

いつでも未熟で無知である事を自覚することが、飛躍のヒントを掴むチャンスを広げてくれる。

今演出家の城田さんに要求、指摘されることは今までの自分の表現力では行き着かず、持っていた技術や考え方を捨てないと感じ取れない。

でも無我夢中でやってみて未知な体験をしてみたとき、自分の可能性が無限に広がる感覚があります。

そしてそれを毎日の基礎練習に落とし込んで、仮説と検証を繰り返す。

相撲見てて横綱になるって奇跡のような事だなと思いました。

でも自分も俳優をやる限り横綱を目指すように、修行を続けたいと思います。

今日もアップル・ツリー通し稽古。

ドキドキワクワク。


Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

| 2017.06 |
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

上野哲也

Author:上野哲也
俳優 
上野哲也

趣味 
古着屋巡り 
   熱帯魚

好きな物 

ヴィンテージ品 

好きな食べ物 
コーヒー 
麺類全般 
辛いもの 

好きな映画 
ショーシャンクの空に
ニューシネマパラダイス
シンドラーのリスト

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

リンク

ページtopへ