FC2ブログ


株式会社 t-stage

何に感動したのか考える

2018.10.24 15:14|

宮本輝 泥の川📖

だいぶ前に買って読まずに眠ってたんですが、手にとって読んでみた泥の川📖

凄く感動。

いつもなら、うんよかった!で終わらせてた(苦笑)

ちょっと待て、何に感動したのか考えよう👓


(全く意味がないけど好きだったからランニング中に撮ってみた)

一つは、物語全体に漂う人生の不条理と哀しさ。

冒頭で、太平洋戦争を生き延びたおじさんがちょっとした不意の事故で主人公信雄という少年の前で死んでしまい、信雄の父親が人生そんなもんやといったときの哀しさや、その後出てくる信雄の友達の喜一とその家族が貧困ゆえの複雑な心理にやるせない気持ちになりました。

それと信雄の成長。

ひと夏の話だけど、そこに人としての多くの成長が独特の情感で伝わってきて自分の少年時代を思い出して凄く共感しました。



こうやって振り替えってみると作家さんによって物語の色彩もメッセージも違う気がする。

先日吉原光夫さんにあったとき、国語の授業のように本を読みなって言われました。

国語の授業、、、、確かに、一つの物語に様々な問題が出てたような?

全然思ったこと書けてないですが、これからは少しでも掘り下げて感想を書きたいと思います💫

読書の秋🍂


Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

| 2018.11 |
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

上野哲也

Author:上野哲也
プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ページtopへ