株式会社 t-stage

なんとなく読みたくなって

2016.09.22 09:10|

20代の頃読んだ、高橋克彦さんの『火怨 北の耀星アテルイ』

なんとなく手元にある本を読みきっちゃったので、久し振りに本棚から取り出して読み始めました。

高橋克彦さんの小説に出てくる男逹はカッコいいのなんの!

『火怨』と『炎立つ』と『天を衝く』が陸奥三部作と呼ばれてる代表作。

藤原泰衡を演じた事があるので『炎立つ』は特に好きです。

通勤時に火怨読んでリフレッシュしたいと思います。

カッコいい男とは真逆!?(僕は全然そうは思ってないですが)のクリスも今日から全てのシーンを繋げて演じる段階に入ります。

今まで順序もアベコベに各シーンを演じてきたので、繋げるとなるとどうなるのだろう?と今朝からドキドキ。

先ずは、力まず安全を大事に今日を落ち着いて乗りきりたいと思います。

昨日からとうとうウールのマフラーも登場させました。

冷房が吹き付ける場所でサッと一巻きで結構喉が守れます。

アナログな仕事してるのに

2016.05.30 12:44|

アナログな仕事してるのに、読みたい本はこういった本(笑)

「明日、機械が人になる」

著者:海猫沢めろん

科学。

自分的には大好きな言葉。

ちなみに科学とは、"個人や集団が物事を研究・調査・開発などをする事によって得られる情報の事"だそうです。

科学って頭でっかちなイメージだけど、そうじゃなくて地道な努力だと思う。

想像力と創造力。

不器用な自分には大事。

今日も一ミリでも進化できるように。

今日は何が起きるかなぁ~ワクワク♪

神戸

2016.02.04 09:23|

神戸に向かってます。

旅のお供にこの本かいました。

「下町ロケット2」

下町ロケットは前作から大好きだったので、読むまで我慢しようと見てなかったんです(読み終わったらドラマも見よっと)

旅公演は移動時間やホテルで本が沢山読めるのが楽しみの一つ。

ちょいと乗る前に覗いた本屋には、お!これも今度買おうって感じの本が沢山あったので読み終えたら買い足したいと思います♪

神戸での公演は、ミュージカル「龍馬」で来て以来久しぶり。

今回はたぶん時間なくて無理かもですが、神戸の元町の古着屋巡りは、全国に色々ある古着屋街でも一番好きです。

何が良いって、神戸の古着屋さんには珍しい海軍系の古着が沢山あるから。

街全体も何となくあか抜けてて、歩くだけでも楽しいです。

でも、、、、時間なさそ(笑)

しばし読書してからの神戸入りです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

只今、神戸公演が狙い目です。
大阪公演は1公演のみで大千秋楽公演でもありますのでご希望の方はお早目にチケット確保してください。
神戸は今でしたら土日公演もチケットお取り出来ます。
お近くにお住まいの方はもちろん、東京公演を見逃してしまった方、東京公演を観てもう1度観たいと思ってくださった方、是非旅行がてら『手紙』ご観劇に神戸にお越しください。新神戸駅から直ぐという好立地です。
劇場が変わればもちろん演出も変わってきます。
それぞれの公演地での違いを見比べ楽しんでいただけると思います。
東京・神戸・大阪と、どのように変わっていくのでしょうか。お楽しみに!

神戸公演:新神戸オリエンタル劇場
料金:9000円(税込・全席指定) 未就学児童不可
2016年2月5日(金)~8日(月)   
2月5日(金)19:00
2月6日(土)13:00/18:00
2月7日(日)13:00
2月8日(月)13:00

大阪公演:枚方市民会館大ホール
料金:全席9000円(税込・全席指定) 未就学児童不可
2016年2月10日(水)19:00

《申込方法》
件名に「手紙 」と入力の上
①ご希望日時(例:2月5日(金)19:00)
②枚数
③お名前(フリガナも)
④ご住所(〒、都道府県から)
⑤ご連絡先
以上①~⑤をメールにてuenotetsuya@t-stage.infoまでご連絡ください。
折り返しご連絡させていただきます。

お申込み心よりお待ちしております。


上野哲也
--
t-stage/上野哲也オフィシャルファンクラブ事務局



今鞄に忍ばせてる本

2015.12.21 11:46|
今日は出演者全員揃っての手紙本稽古初日。

自分は顔合わせからの本読みまでしか今日は参加できませんが、集中して挑みたいと思います。

さて、今鞄に忍ばせてる本はこれ



高橋がなりさんの

「がなり説法」

内田樹さんの

「修行論」

どちらも繰り返し読んできた本。

なに読もうかなと思って本棚に向かったときに取りたくなったのはこの本でした。

どうしてか、、、、

思うには、新しい事、新しい現場に行く度に自分の未熟さ不甲斐なさを痛感するからじゃないかと(そして他の人の良さは逆によくわかる)

口笛での自分、手紙での自分、会社を動かしていくときの自分、その他の自分。

殆どが思うように成長できません。

でも、どちらの本も"継続し続けなければいけない"と書いてあります。

修行論では、修行とはそもそも結果を期待せず、ただやり続ける事が修行と書いてあります。。。。

そうですよね。

今一番自分を叱咤してくれる本をどうも手に取ったようです!

さぁ今日も修行だぜ(笑)

こちら、先日シューブ会計監査官役の治田さん(大変なラーメン通)に教えてもらった劇場近くの激ウマラーメン。

昼公演と夜公演の間の休憩に食べに行ってきました。



柚子塩ラーメン。

美味しかった。

はまってます

2015.11.18 23:48|

稽古終了。

一日めいいっぱいやりました。

凡人の自分は努力は報われなくてもやるしかない。

でも最後の寝る前くらいは読書で幸せを。

まもなく上巻終わります。

主人公が同じ36歳。

共感できることが多くてすっかりはまってます。

平野啓一郎さんやっぱり面白い。
| 2017.10 |
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

上野哲也

Author:上野哲也
プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ページtopへ