株式会社 t-stage

もう一度

2017.06.20 11:29|ボクハレ
今日からボクハレはまた振り出しに戻って稽古。

これ迄の稽古は感情をとらえるということでほぼ即興でやってきました。

これからは演出をつけながら進めていく、、、、そうです。

演出の石丸さんの演出方法は始めてで、毎日がハラハラド、いや、ハラハラハラハラハラハラドキドキって感じ(苦笑)

毎回求められる内容も、ハードルが高く稽古場へいく時の緊張は凄いものがあります。

今日は自分何を出せるかなぁ。

頑張れ~俺💦

電車の中の時間も無駄には出来ない。

彼にはそんな緊張は皆無みたいだけど(笑)

黒蜥蜴

2017.06.19 18:51|OFF
今日は稽古はOFF。

なので、三越劇場で公演してる劇団新派の『黒蜥蜴』観てきました。



歌舞伎の要素がふんだんにちりばめられてて、時代劇と現代劇の間のような大正時代のモダンな感じが三越劇場の雰囲気にマッチしてて、異空間にいるような、そんな素敵な一時でした。

脚本・演出は、わらび座時代お世話になった齊藤雅文さん。

江戸川乱歩読んだことなかったのですが、なんか小説読んだようなそんな感覚になりました。

ボクハレとは全く違うテイストに、逆に色々刺激を貰いました。

皆さんお芝居上手だったなぁ👀

あぁ上手くなりたい。

しっかり休んで、明日からは一気に本番まで激烈稽古の日々です。

昨日通してわかったこと、ボクハレは"心の物語"。

素敵な作品が生まれるように、真摯に向き合いたい。






テイスト

2017.06.18 11:25|ボクハレ

今朝の朝食、昨日のお土産「レミどら焼き」(勿論これにおかずや野菜もちゃんと食べてますよ)

さて、ボクハレ。

今日はなんと、無理くりにでも通すと言われてるので、朝から頭の中は動きや台詞、関係性などを考えて既に🌀状態(笑)

ボクハレのテイストは、アレグロと全く違う。

最初は、アレグロの分かりやすく、くっきりはっきり演技が癖みたいに残っててなかなかボクハレテイストに馴染めず苦しみましたが、丁寧に時代や役どころをもう一度考え直して少しずつ、現代劇のリアリティーを身体で感じられるようになってきました。

様式やバランスを感性で捉えて、体現しなければならない。

お芝居って本当に難しい。。。。

そして曲のテイストも、まさにチャレンジ。

カーテンコールに出演したさい感じたこと、それぞれ歴代の人によって節回しが違うなぁと、皆さん大ベテランなので、その節回しはその人だけの味わいになってるのがとっても印象的でした。

歌い癖をとることをずっと意識してこれ迄練習してきましたが、今回森さんからはもっと色々やっていいんじゃなかと言われてる気がします。

ミュージカルだけど、全く違うテイストのボクハレの曲。

森さんの歌や、森さんの師匠の久保田利伸さんの歌を聴いて、R&Bやソウルの曲をどんな風に歌っているのか意識して聞いています。

表現の仕方は一つじゃない。

素直に何でもトライ。

さぁ、いくぞー⤴

LES MISERABLES 30周年パーティー

2017.06.17 22:26|Les Miserables
今夜はレミの30周年パーティーでした。

参加できて良かった♪

お世話になった方、共に戦った仲間、先生方。

感謝しきれない沢山の思いに包まれた一時でした。

独立してから、こうしてなんとかやれているのもこの作品に出演できたからだと思います。

まさに2011年のレミゼのオーディションは運命の別れ道だったなと。

まぁ、なんのオーディションも運命の別れ道なんですけど、、、、(汗)

昨日今日と今の自分を奮い立たせてくれる刺激的な日だったなって思います。

偉大な作品に関われたことに感謝して、また明日から千里の道を一歩一歩、希望を持って歩みたいと思います。

そう希望はある💪

ネバーギブアップ⤴

セットリスト&限定動画

2017.06.17 10:35|オフィシャルファンクラブ
ファンクラブ限定ページ更新しました。

ライブのセットリストと好評だった”あの曲”が載ってます。

お楽しみください。

S1010008.jpg

メラメラと

2017.06.16 19:15|芸能
Les Miserables 30周年特別カーテンコールに出演してきました。

つかの間でしたが、フイイの役作りを反芻しながらワン デイ モアと民衆の歌を歌いました。

楽しかった。。。

がしかし、それよりもとにかくまた必ず帰ってきてやるって強く思いました。

努力して努力して、役を掴んでやる。

幕が降りたときに、そう固く誓いました。

さて、帰ってボクハレの特訓だい🏃

近々限定ページにライブ記事アップします。

もうしばらくお待ちくださいm(_ _)m

今心のなかはこんな感じ



ネバーギブアップ⤴

森さんを研究研究研究!

2017.06.15 22:01|ボクハレ

ボクハレの作曲と音楽監督の森大輔さん。

凄い人とご一緒できてるんだなと毎日感動の日々。

かっこよくて、めちゃくちゃいい声で、ピアノも絶品で、弾き語りも何でもこなす。

一線で活躍されてるアーティストさんなのに、物腰が柔らかく、とても優しく熱く指導してくれる。

今回森さんから頂いた曲は、全く自分のレパートリーにないもの。

ポップス、R&B、ソールそういったジャンルでいつも活躍してる森さんの歌には、今まで経験したことのないものがいっぱい詰まってる。

今は自分なりの歌に勝手に寄せる前に、森さんのもつテイストを研究して、少しでも世界観をものにできればと試行錯誤してます。

ほんと、本物の歌手の歌ってなんて凄いんだと、歌ってみせてくれるときにレベルの差を感じます(苦笑)

でも、本当に素敵な曲で、こんなに繰返し練習してて楽しい歌も今までにない感じ。

まだ本番迄に時間はある、歌いこんで歌いこんでなんとか近づきたい。

稽古は最後のシーンまで一回あたりきりました。

とってもとっても繊細な作品だと痛感。

出てくるナンバーを聴いていて、これ小劇場で聴けるってヤバイかもって思いました(もちろんいい意味で(笑))

自分の歌も、他のキャストの皆さんに同じように思って貰えるように頑張るぞー💪💪💪

ということで、今やるべきことは、、、

森さんの研究研究研究~!

でも森さんが歌ってる曲はどれも素敵なのでめちゃくちゃ楽しい研究ですけどね~。





| 2017.06 |
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

上野哲也

Author:上野哲也
俳優 
上野哲也

趣味 
古着屋巡り 
   熱帯魚

好きな物 

ヴィンテージ品 

好きな食べ物 
コーヒー 
麺類全般 
辛いもの 

好きな映画 
ショーシャンクの空に
ニューシネマパラダイス
シンドラーのリスト

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

リンク

ページtopへ